明石家さんまと息子・にちかの喘息エピソードが泣ける!気功治癒の方法とは?

明石家さんまさんの義理の息子・二千翔(にちか)さん。

実は幼い頃に喘息を患っていたのですが、それを治したのは医者でも薬でもなく、義父・さんまさん自身でした。

しかもその治療方法が独特で、なんでも「自分の気功を送り続ける」というスピリチュアルな手法で喘息を治したのだとか!

そこでコチラの記事では、

・明石家さんまと息子・にちかは喘息を持っていた?
・喘息を治したさんまの気功治癒の方法とは?
・さんまの治癒方に対するネットの声

以上のテーマでご紹介していきます。

明石家さんまと息子・二千翔(にちか)の喘息エピソードが泣ける!

明石家さんまと息子・にちかの喘息エピソード

大竹しのぶさんの長男・二千翔くんは、4歳の頃にアレルギー性の喘息を患っていました。

その症状はかなり重く、大量の薬物投与による治療を行いながら入院までしていたようです。

しかし最新技術の治療を施しても、二千翔くんの病状は一向に良くならず。

母の大竹しのぶさんは、当時の状況について「最愛の息子が喘息で苦しむ姿を見るのは
本当に本当に辛いことだった」と語っていました。

参考:大竹しのぶ著書「私一人」

また二千翔くんが喘息を発症したちょうど同時期に、実の父・服部晴治さんは癌により亡くなられています。

そのため「喘息の原因は父親が亡くなったことによるストレスだったのでは?」とも明かしています。

明石家さんまと息子・にちかの喘息エピソード

その後、大竹しのぶさんはさんまさんと再婚。

血の繋がりのない二千翔くんを実の子供以上に愛情をもって接したさんまさんでしたが、それでも二千翔くんの病状は一向によくなりません。

そこで見かねたさんまさんは、

「薬なんか飲んだら、身体が弱くなるだけや!俺が直したる!」

と宣言。

自分の「気の力」を使って、二千翔くんの喘息を治そうと決意したのです。

明石家さんまが喘息の息子・二千翔(にちか)へ施した気功治癒の方法とは

明石家さんまと息子・にちかの喘息エピソード

しかし、当の本人以外は到底信じられない話。

もちろん、大竹しのぶさんとその母親は猛反対をしたのだそう。

それでも明石家さんまさんは「一日だけ僕に時間をください!」と一歩も譲らなかったのだと言います。

明石家さんまと息子・にちかの喘息エピソード

実はさんまさんは、過去の番組での企画で「自分の気が他の人よりも強い」ことを確信していました。

自分の「気」に自信をもっていたため、なんとか家族を説得させたさんまさん。

二千翔くんの手を握り締め、一晩中「自分の気」と「愛情のこもった励ましの言葉」を送り続けたそうです。

その気功法というのが「喉に刺さった100本の針を抜き去ることをひたすらイメージする」、というもの。

明石家さんまと息子・にちかの喘息エピソード(イメージ画像)

喘息の原因=針として、

その針を一本ずつ二千翔くんの喉から抜き、自分の体内へ吸収させて消し去る

というイメージを一睡もせず、一晩中続けたのだとか。

そんな当時の様子を、そばで見守っていた大竹しのぶさんは次のように明かしています。

明石家さんまと息子・にちかの喘息エピソード

1時間が経ち、2時間経ち、時計の針は午前3時を超えた。
怒りに震えていた母は、疲れてしまったのか寝室に戻っていった。
私も祈るような気持ちでそばに立ち見守っていた。

出典:大竹しのぶ著書「私一人」

針を抜いても二千翔くんが苦しそうであれば、再び喉に針が刺さっていることをイメージしてそれを抜きさる、というイメージを何度も何度も続けたさんまさん。

ヘロヘロになりながら朝方を迎えた頃には、ついに二千翔くんの喘息は治っていたようです。

結果的に、その夜以降喘息の症状はすっかりとなくなったのだとか。

以来、彼はまったく薬を必要としなくなった。
風邪を引いても「自分で治すからいい」と薬を退け、
ほんとうに自力で風邪を吹き飛ばすようになった──。

出典:大竹しのぶ著書「私一人」

にわかには信じがたいお話ですが、元妻・大竹しのぶさん自身が著書「私一人」で語っているお話。

そして「そんな話あるわけないやん!!」と一番笑い飛ばしそうな明石家さんまさん本人が、マジメに語っているエピソードです。

明石家さんまと息子・にちかの喘息エピソード

絶え間ない二千翔くんへの愛情が招いた奇跡の体験だったのか、それともさんまさんの「気功」が本物なのか…

どちらにせよ、血の繋がりのない二千翔くんとさんまさんとの強い絆が伺えますよね。

明石家さんまと息子・二千翔(にちか)の喘息エピソードが泣ける!ネットの声まとめ

二千翔さんは、昔大竹しのぶさんのマネージャーを務めていたそうですよ。

芸能人芸人
気ままゆおログ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました