芦田愛菜の慶應高校の成績はトップクラス?医学部進学に必要な学力がすごすぎる…

芦田愛菜の慶應高校の成績 女優・俳優

女優として活躍しながらも、現役高校生として学業にも勤しんでいる芦田愛菜さん。

将来は慶應大学医学部へ進学したいという素晴らしい夢を持っているため、高校での成績はかなり良い方であることが分かりますね。

ぺん
ぺん

ただ慶應大学医学部というと、内部進学者でもかなり高い壁を乗り越えなければたどり着くことができない、超難関大学…

気になる芦田愛菜さんの高校の成績は?

そこでコチラの記事では「芦田愛菜の慶應高校の成績はトップクラス?医学部進学に必要な学力がすごすぎる…」についてご紹介していきます。

芦田愛菜の慶應高校の成績はトップクラス?

芦田愛菜の慶應高校の成績

芦田愛菜さんの進学希望が「慶應義塾大学医学部」であることから、彼女の成績は学内でもトップクラスであることが分かっています。

「中学時代はマンドリン部に所属し、3年生時には部長を務め、部員たちをまとめあげました。高校進学後も、成績はトップクラスで、学内でも常に一目置かれている存在です」(芦田の高校の保護者)

引用:yahooニュース

芦田愛菜の慶應高校の成績

芦田愛菜さんは、2020年4月に慶應義塾女子高等学校へ入学しています。

なんと「偏差値77」という、超名門私立高校。

ちなみに偏差値77というと、日本全国でも間違いなく最高峰クラスの学力であると言われています。

(※下記青矢印の場所を参照)

芦田愛菜の高校の成績

引用:https://hensachi.tokyo/hensachi/77

専門サイト『この偏差値ってどれぐらい?』によると、偏差値77の生徒は下記にあたるのだとか。

・40人のクラスだと、上から 1 番目、下から 40 番目
・400人の学年だと、上から 2 番目、下から 399 番目

この中でも、芦田愛菜さんの成績はトップクラス。

では具体的にどれぐらいの成績を収めているのでしょう?

芦田愛菜が慶應高校から医学部進学に必要な学力がすごすぎる…

芦田愛菜の慶應高校の成績

芦田愛菜さんは、高校入学前から「病理専門医(病理医)」になることが夢だと明かしていました。

病理医とは?病理解剖は病院で不幸にして亡くなられた患者さんの死因、病態解析、治療効果などを検証し、今後の医療に生かす専門職。

また2020年9月17日公開の「女性自身」にて「慶應義塾大学医学部への内部進学」を考えていることが分かっています。

ぺん
ぺん

この内部進学というのが、一般受験よりも相当ハードルの高いもののようです…!

慶應義塾大学医学部への内部進学者の割合は、上位たったの3%ほど。

附属高校 医学部推薦枠 内部進学者
慶應義塾高等学校 22名 684名
慶應義塾女子高等学校 5名 188名
慶應義塾湘南藤沢高等学校 7名 238名
慶應義塾志木高等学校 8名 279名

(2017年度 各付属高校の医学部の内部推薦枠)

慶應義塾女子高校の中で、医学部内部進学者の5名枠に入るためには…1年生から3年生までの全科目の評点が最低8.5以上必要。

その科目は、英語・国語・数学・化学・物理などのメイン科目から、体育・美術・音楽・家庭科などの科目まで、高校で学ぶ全ての学問が当てはまります。

そのため、まさに文武両道な成績優秀者しか医学部内部進学の枠入りは許されないのです。

芦田愛菜の慶應高校の成績

芦田愛菜さんは、2020年現在高校1年生。

慶應義塾大学医学部への道を考えているということは、今の時点で全科目8.5~10の評点を納められているということ。

間違いなく一般学生よりも多忙な日々を送っているであろう芦田愛菜さん。

それでもなおこの成績を維持しているとなると…本当に将来医学の道を歩んでいかれるかもしれませんね。

各メディアで、未成年とは思えない知性にあふれた発言が話題となる芦田愛菜さんに注目していきましょう。

芦田愛菜の慶應高校の成績はトップクラス?ネット上の声は?

タイトルとURLをコピーしました