【画像】ポケモンダイパリメイクのグラフィックが酷い理由は?外注頼りで本命は新作か!

2021年冬に発売予定となった『ポケットモンスターブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』、略して『BDSP』。

ファンにとっては待望のリメイクとなった作品ですが、期待を大きく上回るグラフィックの悪さに失望の声が多く上がっています。

そこでコチラの記事では、

・ポケモンダイパリメイクのグラフィックが酷い理由は?
・外注頼りで本命は新作か

以上のテーマでご紹介していきます。

【画像】ポケモンダイパリメイクのグラフィックが酷い

2021年2月27日に配信された『Pokemon Presents 2021.2.27』にて、2006年に発売された『ポケモンダイパのリメイク版』が満を持して発表されました。

それがコチラ⬇︎

【画像】ポケモンダイパリメイクのグラフィック

【画像】ポケモンダイパリメイクのグラフィック

【画像】ポケモンダイパリメイクのグラフィック

【画像】ポケモンダイパリメイクのグラフィック

一瞬「ダイパ原作の方のキャプチャか?」と思ってしまうほど、原作にかなり似た2頭身のビジュアル。

【画像】ポケモンダイパリメイクのグラフィック

2021年に発売されるゲームにしてはかなり安っぽく見えるグラフィックですよね。

ちなみに、2006年に発売された「ダイヤモンド・パール」がコチラ⬇︎

【画像】ポケモンダイパリメイクのグラフィック

【画像】ポケモンダイパリメイクのグラフィック

【画像】ポケモンダイパリメイクのグラフィック

「ドット絵が3Dになった」というだけで、他は全く変わっていません。

そしてこの2頭身スタイルが「パワプロを彷彿とさせる」という声も。

DS時代の原作を忠実に再現しているのかもしれませんが、どこかロボット感があって、ドット絵のような親しみやすさを感じないんですよね…。

これまで発売されてきたマザーシップタイトルのリメイク作品の中でも、トップクラスに酷評の多い状態になっています。

なぜここまでグラフィックが悪いのでしょうか?

ポケモンダイパリメイクのグラフィックが酷い理由

【画像】ポケモンダイパリメイクのグラフィック

ポケモンダイパリメイクのグラフィックが酷い理由をまとめていきます。

理由①ゲーフリ制作じゃなくて外注

ファンなら言わずもがなですが、歴代のポケモンシリーズは「GAME FREAK 株式会社」(通称ゲーフリ)が開発しています。

【画像】ポケモンダイパリメイクのグラフィック

しかし今回発売となる”ダイパリメイク”は、歴代初となる”外注制作”となっているのです。

制作の委託会社は『株式会社イルカ』。

【画像】ポケモンダイパリメイクのグラフィック

イルカは「ポケモンHOME」の開発、「ドラクエ11 S」「NieR:Automata」の開発協力に携わった会社です。

しかしポケモンHOMEは、操作性の悪さ、全体的な使い勝手の悪さに不評の嵐でした。

そんなイルカが制作となるだけに、グラフィックがかなりみずぼらしくなってしまっている…と嘆くファンも。

理由②ファンからのリメイク熱望に焦った

ポケモンダイパリメイクのグラフィック

ポケモンの歴代シリーズは、ファンがリメイク作品を非常に待ち望んでいました。

特に「ダイヤモンド/パール」は、最も発売まで時間がかかった作品。

ファンが急かしたから外注に丸投げして急遽作らせた感がすごい」と感じてしまいますね…。

理由③本命はレジェンズアルセウス

ポケモンダイパリメイクのグラフィック

ファンとしては、子供時代に楽しんでプレイした作品を、再び愛を持って楽しみたいもの。

しかし制作サイド的には、やはり2022年に発売予定の完全新作「ポケモンレジェンズ アルセウス」が大の本命だったのでしょうか。

ポケモンダイパリメイクのグラフィック

“アルセウス”は歴代シリーズ初となるオープンワールド作品。

開発側も相当な時間とお金をかけていることが分かります。

ポケモンダイパリメイクのグラフィック

ポケモンダイパリメイクのグラフィック

そこでネットで気になる声を見つけました。

①元々オープンワールドのポケモンを製作予定で、いきなりまるっきり違う新世代だとアレだから人気のある第4世代リメイク(シンオウ地方が舞台)をベースに制作

②製作途中の方針転換で通信対戦への対応が難しくなったため、今まで通りの本編(「ポケットモンスター」)を制作する必要が発生

③その時点で2021年度分の新作を1から開発するには開発期間が足りないため、グラフィックのみリメイクしたDPリメイクを3DCG制作会社として実績のあるイルカに外注

④一方で今まで制作していたOW新作(ポケモンレジェンズ)は時系列をずらした外伝作品として制作

出典:https://pokemon-matome.net/articles/236790.html

もともとダイパリメイクは作るつもりはなかったものの、”どうしても作らなければならない環境”になったため、外注して手短に作らせた、という感じでしょう。

当時の懐かしさや楽しい思い出がよみがえるリメイク作品に対するファンの期待はとても深いもの。

ポケモンダイパリメイクのグラフィック

それだけに今回のリメイク作品のグラフィックの劣化は非常に残念ですね。

どうせ2頭身で作るなら、完全にドット絵に寄せた100%忠実な作品にしてほしかったなぁ…

ポケモンダイパリメイクのグラフィックが酷い…SNSの反応まとめ

ゲーム
気ままゆおログ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました