犬の全身麻酔による歯石取りの費用は?実際に手術したうちの子の体験を紹介!②

生活・スポーツ

前回の記事で、愛犬の歯石の状態、そして手術に至るまでの過程をお伝えしました。

こちらの記事では、実際に「犬の全身麻酔による歯石取りにかかった費用」について、私の体験を交えながらお伝えしていきます!

前回の記事をご覧になっていない方は、下記のページから先に読むと分かりやすいです(´ω`*)

参考:犬の全身麻酔による歯石取りの費用は?実際に手術したうちの子の体験を紹介!①

愛犬の歯石取り手術、初の全身麻酔…!

歯石取り手術は、全身麻酔が必要になります。

お医者さん曰く「無麻酔で行う病院もありますが、当院ではわんちゃんの安全性を考慮して全身麻酔をかけることが前提となっている」とのこと…

たしかに、もし無麻酔で行って、歯肉に先端の尖った手術器具が触れてしまったりしたらと考えると…ぞっとします。

うちのわんこは手術前の血液診断にて無事”麻酔OK”と診断されました、よかった!

手術日当日の流れ

以前の診断の際に、12時から手術開始し、1時間程で終わりますと説明を受けておりました。

当日は12時前に病院に到着し、お医者さんにわんこを受け渡すだけ。

若干不安そうな顔で見つめてくる愛犬でしたが、戦に送り出す気持ちでそのときは一旦別れました。

(頑張ってね…涙)

手術終了!結果は…!?

手術日当日は、仕事の関係でお迎えにあがれるのが19時頃でした。

期待と不安で複雑な気持ちの中、病院へたどり着き愛するわんこの元へ!!

 

お医者さんは「特に悪さをすることもなくずっといい子にしていましたよ~」と仰っていましたが、7時間ぶりに再会した愛犬はやはりどこか疲れきった様子で、しょんぼりした表情を浮かべていました(笑)

(U´・ω・)こんなとこに僕一人残してどこ行ってたの…なんか口の中変な感じだし…)

 

そして気になるお口の中を見せてもらうと…!

 

し、し、白い~~~~!!゚:。(´ω`*)゚.:。+゚

 

感動しました、だってこんな白い歯、今まで見たことない!!

茶色い歯石がびっしりついた歯は、綺麗に歯石が除去されて本来の白さを取り戻していました!


↑こちらは手術前の歯の様子。全然違いますね!

そして何より感動したのが、臭くない…無臭…!!

本当は歯の白さよりもお口の臭いが無になっていたことが感動しました笑
前は、顔をぺろぺろされるときも思わず顔を背けたくような臭さでしたから…

 

また、歯石付着による歯肉へのダメージが思ったより大きく、歯が抜ける寸前だったとのこと!

そのため、奥歯を左右とも1本ずつ抜歯することになったようです。

抜歯の際に出血は避けられないので、お口からはほんのり血のにおいが…プルプル

本人もお口の中がちょっと気持ち悪いのもあって、その日は眠るまでずっと元気がありませんでした。

 

しかし、とりあえず手術は無事終了!

後日再度受診が必要ということもなく、痛み止めのお薬を処方され終了しました。

お疲れ様、わんこ・・・

 

※ちょっとだけ閲覧注意!▼▼

 

 

↑こちらが、実際に取ってもらった歯石です。
触ると本当に石みたいにカッチコチでした。

こんなものがずっと歯についていたのかと思うと、取ってあげて本当によかったなぁとしみじみと思います。

これでおいしくご飯が食べられるといいね・・・!!

※また、愛犬の歯の健康維持のためには、
まず餌から変えることをお勧めします!!

ハミガキももちろん大切ですが、
日々のケアは結構大変ですよね…

最近話題の「カナガンデンタル」は、

・身体の中からキレイにしてくれる天然の海藻成分配合
・グレインフリー(穀物不使用)
・着色料・香料不使用

など、愛犬の身体の健康を考えた要素たっぷりのドッグフード!

今なら定期コースの注文で最大20%OFF途中解約もOKというお得っぷりです。

>>詳しくはこちら!

[AD]

犬の全身麻酔による歯石取りの費用は?

そして気になる費用についてです!

先延ばしにしすぎましたね笑 すみません(・ω・`)

厳密に言うと、手術前の血液検査などの診断費用+手術費用+薬代、全て合わせた金額をご紹介します。

 

手術前の血液検査などの診断費用

診療明細内容 数量 単価 金額
診察料 1 1,200円 1,200円
採血料 1 1,100円 1,100円
血球検査 1 1,100円 1,100円
ヘマトクリット管 1 600円 600円
血液化学検査 5 700円 3,500円
処方調剤料 4 165円 660円
内服薬(バイトリル錠) 1 3080円 3080円
小計 11,240円
消費税 1,124円
合計ご請求額 12,364円

お医者さんからもらった明細書が↑のような感じ。

 

ところどころ??な項目がありますが、金額の内訳は

血液検査+手術日当日までに歯肉炎を少しでも抑制するためのお薬となっています。

この時点で思った以上の出費・・・!当日に受付で現金で支払いました。

 

手術費用+薬代

診療明細内容 数量 単価 金額
再診料 1 600円 600円
全身麻酔料(~10kg/猫) 1 30,000円 30,000円
スケーリング処置(~10kg) 1 10,000円 10,000円
永久歯抜歯(臼歯)1本(~10kg) 2 2,500円 5,000円
処方調剤料(水薬1週間以内) 2 1,320円 2,640円
内服薬 1 1,430円 1,430円
小計 49,670円
消費税 4,967円
合計ご請求額 54,637円

金額の内訳が、全身麻酔+スケーリング(歯石除去)+抜歯+薬 となっています。

その日は前金として10,000円を現金で支払い、残金はクレジットカード払いということで支払い手続きは完了しました。

 

合計金額は・・・!

上記の金額を全て合わせると…歯石除去のためにかかった費用は67,001円となりました!

診療明細にもある通り、麻酔や歯石除去は体重により金額に違いがあるようなので、中型や大型のわんちゃんの場合はもう少し金額が上乗せされるかと思います。

 

また、今回かかった費用はあくまでも私が飼っている犬の場合に限りますので、参考程度にお考えくださいね!

 

ちなみにうちの子の状態はというと…

  • 歯石が奥歯から犬歯までびっしりとこびりついている
  • 歯肉が赤く腫れ上がっており歯周病・歯肉炎と診断される
  • 奥歯を2本抜歯
  • 体重6kg程の小型犬
  • 推定3歳(保護犬のため正確な年齢は不詳)

 

こんな感じでした。

ですので、歯肉炎がそこまでひどくなかったり、抜歯する必要がなかったりする場合は、もう少し費用が抑えられるかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

犬の全身麻酔による歯石取りの費用は?実際に手術したうちの子の体験を紹介!」というテーマに沿って2つの記事でお伝えしてきました。

今回の手術で何より嬉しかったのが、愛犬の健康が守られたということ!

今まで歯石の影響で歯肉が腫れ上がっていたので、歯磨きをしようにも出血してしまい、お口の中を清潔に保ってあげることが出来ていませんでした。

しかし、歯石除去をすることによって歯が健康になったことはもちろん、口臭がなくなったり、体に悪影響があるのではという不安も解消されたりと、今では毎日ハッピーな生活を送れています。

決して安くない料金ではありますが、愛する家族のためと思ったら出せない金額ではないはず。

歯石は餌やおやつで改善することは出来ない・・・とは言えないですが、決して保証できるものではありません!

愛犬の歯石について悩まれている方にとって、こちらの記事が少しでも歯石除去手術に対する検討材料となれば嬉しいです(´ω`*)

また、わんちゃんの歯の健康のためには、
専用のドッグフードを選ぶことがオススメです!

毎日ハミガキする時間がない…
そんな人に本当におすすめです◎

↡ 詳しくはこちら!


タイトルとURLをコピーしました