伊勢谷友介は母子家庭だった|母の教育方法や父との関係など生い立ちまとめ

伊勢谷友介は母子家庭 女優・俳優

俳優の伊勢谷友介さんは、3歳ことに両親が離婚し、母子家庭で育ったという生い立ちがあります。

伊勢谷さんと幼い妹をその手一つで育て上げたのが、母・尤子(もとこ)さん。

伊勢谷友介さんは、自身のTwitterで度々母への感謝を綴っていました。

母子家庭っで育った伊勢谷友介さんの生い立ちや、母親との思い出、そして離婚した父とは一体どのような関係性だったのでしょうか?

そこでこちらの記事では「伊勢谷友介は母子家庭だった|母の教育方法や父との関係など生い立ちまとめ」についてご紹介していきます。

伊勢谷友介は母子家庭だった

伊勢谷友介は母子家庭

伊勢谷友介さんの出身は東京都世田谷区。

しかし過去のインスタより、出生地となった場所は「東京都港区」であることが分かっています。
(詳しく後述)

そんな伊勢谷友介さんは、父が53歳9ヶ月・母が40歳の時に生まれた子供でした。

伊勢谷友介が母子家庭となった経緯

伊勢谷友介は母子家庭母・尤子さんと伊勢谷友介さん

しかし当時の伊勢谷友介さんが3歳のとき、両親が離婚。

結果母子家庭となり、母の尤子さんによって女手一つで育てられるように。

1978年には、母の出身地(札幌)の近くである北海道の函館市へ引っ越し、そこで母・妹・祖父母・叔母との6人家族での生活を始めました。

伊勢谷友介の母親は教師だった

伊勢谷友介は母子家庭

伊勢谷友介さんの母・尤子さんの職業は教師。

長男である伊勢谷友介さんを出産するまでの15年間、幼稚園から短大まで一貫教育の学校で教鞭をとられていました。

その後教師職を退職したあとは、福祉関連の仕事をされています。

15年間学校の教師をしていたということもあり、子育てにおいて一番重きを置いていたのが「教育」だったと語られています。

伊勢谷友介の母の教育方法とは?

伊勢谷友介は母子家庭

2015年6月1日更新の「Conobie編集部によるインタビュー」では、伊勢谷友介さんの母・尤子さんへの取材内容が公開されていました。

幼少期の伊勢谷友介さんは、近所の人から「興味の人」と呼ばれるほど好奇心旺盛な少年でした。

・道の途中で穴があれば覗いてみないと気が済まない
・池に泳いでいる魚が目に入ればそのまま池へ入っていく
・干からびたミミズを持ち帰る
・ゴキブリホイホイの中のGを必死で眺める

などなど。

大体の親が「辞めなさい!」と止めそうなものですが、母の尤子さんは息子の行動に一切口を出さなかったと言います。

むしろ息子と一緒にミミズを興味深げに観察したり、Gを見つめる息子に虫眼鏡を差し出したり。

伊勢谷友介は母子家庭

15年間教師をして来られた中で様々な子供を見てきたからこそ、自分の息子がどういった行動を見せるのか、その反応を見るのが面白かったと明かしています。

子供の興味関心に一切ブレーキをかけることなく、無限の可能性を見出してあげたんですね。

また、2018年6月3日投稿のインスタには、母から預かった母子手帳のエピソードも。

伊勢谷友介は母子家庭

母と妹と夕食を共にした時、母が「私もいつどうなるかわからないから」と渡してきたMy母子健康手帳。

要らないよと、言ったのに、自分の生まれた時刻から、数日後、数ヶ月後の体重など、そのデータに意外な程、ワクワクしながら見れた。
産まれる前の、母の状態も少し解る。

何よりも、世田谷区出身だと思っていたのは本籍地で、まさかの港区白金出身でした笑当時の白金は、どんなのだっただろうなぁ〜w

途中函館挟んで、目黒に戻りました。シロガネーゼになれなかったなぁw

引用:https://www.instagram.com/p/BjkGgovBEjg/

伊勢谷友介さんが40代を過ぎても尚、こうして母との何気ないやり取りがあるのは素敵なことですね。

伊勢谷友介さん、そして母・尤子さんが、お互いを尊重し合っているのがうかがい知れます。

伊勢谷友介の母と離婚した父との関係は?

伊勢谷友介は母子家庭

また、伊勢谷友介さんの母と離婚した父は洋服の仕立て屋(テーラー)でした。

名前は山本一男さん。

伊勢谷友介は母子家庭

顔は伊勢谷友介さんにそっくり。
かなりの色男ですね。

結婚歴は7回で、6回目に結婚した奥様が伊勢谷友介さんの母・尤子さん。

伊勢谷友介さんが当時2歳の時に函館へ移住し、その後離婚しているため、父親とはほとんど面識がないといいます。

しかし結婚回数は一般人のそれとは比になりません。

しかし離婚して母子家庭となった環境でも、母の尤子さんは愛情たっぷりで息子を育てあげたのが分かります。

タイトルとURLをコピーしました