木村心美(Cocomi)のフルートの実力は?コンクール最優秀賞&JPCOの一員!

木村心美 タレント・モデル・YouTuber

木村拓哉さんの長女・木村心美(Cocomi)さんが、
2020年4月から本格的にフルート奏者として活躍していくことが分かりました。

そして、過去には既にコンクールで最優秀賞を受賞、
しかもプロのオーケストラグループである「JPCO」の一員として活動していた経歴があるのだとか!

そこでこちらの記事では、

木村心美(Cocomi)のフルートの実力は?JPCOの一員でコンクール最優秀賞!

についてご紹介していきます。

木村心美(Cocomi)のフルートの実力はコンクール最優秀賞に輝くほど!

木村心美

木村拓哉さんの長女・心美(Cocomi)さんのフルートの実力は、本物です。

というのも、心美さんは「2020年4月から大学生」という若さでありながら、
過去には輝かしい賞をいくつも受賞しているのです!

今までの主な受賞歴がこちら。

●2013年(小学6年生:12歳)
第23回ヤマノジュニアフルートコンテスト小学生の部
「カルメン幻想曲」を演奏、最優秀賞入賞

●2018年8月(高校2年生:17歳)
第73回全日本学生音楽コンクール
予選1位通過、東京大会に出場。

●2019年9月(高校3年生:18歳)
第2回日本奏楽コンクール(管楽器部門 高校の部)
準グランプリ入賞(グランプリ受賞者なし)
管楽器部門1位フランス近代音楽賞受賞


●2019年12月(高校3年生:18歳)
インストゥルメンタルグループ「JPCO」のライブにゲスト出演。

木村心美さんがフルートを始めたのは、
小学5年生(11歳)のころ。

なんと、そのたった1年後には「ヤマノジュニアフルートコンテスト」でトップの最優秀賞に輝いています!

心美さんの「フルートの実力がすごい」と言われる点は、ここにありますね。

木村心美

楽器演奏者の中で、フルートを扱う方の人口は一番多いと言われています。
その分途中で挫折する方も一番多いのだとか。

そんな中、たった1年で最高クラスの成果を挙げられた木村心美さんは、
間違いなく天性のフルート演奏者だったと言えるでしょう。

木村心美(CocomiはJPCOの一員でフルートの実力は既にプロ級?

木村心美

既に多くの受賞歴をもつ木村心美さん。

フルートの実力は本物で、2019年12月末には「JPCO」というプロのオーケトスオラグループへ加入しています。

なんと、心美さんと同じ母校(桐朋女子高)出身の先輩でありJPCOのメンバーから直接お声がかかったそうですよ。

このJPCOはクラシック業界で今注目を集めるグループ。

●槇原敬之
●三代目J Soul Brothers
●高嶋ちさ子

などなど、名だたる有名アーティストの公演サポートを務めた方もいるのだとか!

そして、なんといってもメンバー役50人は美男美女揃い。

木村心美のJPCO

その団体の中へ当時高校生の木村心美さんが加入できるということは、
彼女のフルートの実力はすでにプロの世界でも通用するほどにまで到達しているということですね。

JPCOの正式メンバーとしてフルートを演奏している様子がこちら。

木村心美

2020年には、あの有名ブランド「Dior」関係者が出席したライブイベントでフルート演奏を披露しています。

木村心美(Cocomi)のフルートの実力がすごいのは努力の賜物?

木村心美

これまで木村心美さんのフルートの実力がすごいことをご紹介してきました。

ただ、彼女にも挫折に苦悩した時期があったのだと思います。

というのも、小学生の時にコンテストで最優秀賞を受賞した後、
高校3年生で準グランプリ入賞に輝くまでには「空白期間」がありますよね。

中学時代は特に何かの賞を受賞したという経歴はないのです。

高校2年生の時に出場したコンクールでは、
東京大会までに留まり、世界大会への切符は掴むことができていません。

そのため、中学1年生~高校3年生までは、伸び悩む実力に頭を抱えていた時期だったのかもしれません。

積み重ねてきた努力があったからこそ、今こうしてプロの仲間入りを果たせたのでしょう。

木村拓哉の長女心美ちゃん

2020年4月からは本格的に音楽家への道を進むという心美さん。

今までシークレットな存在だった「木村拓哉の長女」の仮面が脱げたことで、

これからますます彼女のフルート演奏を聞く機会が増えていきそうですね。

以上、「木村心美(Cocomi)のフルートの実力は?コンクール最優秀賞&JPCOの一員!」についてご紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました