マツコの知らない世界|おとうふさん直伝「マッチングアプリ必勝法」とは?

マツコの知らない世界|おとうふさん直伝「マッチングアプリ必勝法」 生活・スポーツ

2020年10月20日放送の『マツコの知らない世界』に登場する、マッチングアプリのプロフィール添削者・通称”おとうふさん”。

番組内では、4年間で300人の異性と出会ってきたおとうさんだからこそ伝えられる【マッチングアプリの必勝方法】を解説してくれます。

「ペアーズの赤ペン先生」として、マッチングアプリの添削をお仕事としている”おとうふさん”のアドバイス、気になりますよね!

そこでコチラの記事では「マル秘プロフィール作成方法」について、おとうふさんが伝授されたモテるプロフィール写真や文章の作り方などをまるっとご紹介していきます。

マツコの知らない世界|おとうふさん直伝「マッチングアプリ必勝法」とは?

マツコの知らない世界|おとうふさん直伝「マッチングアプリ必勝法」

「ペアーズ」をはじめ、世の中にはたくさんのマッチングアプリが存在していますね。

ただどのアプリにも共通して言える「モテるための必勝方法」があると、おとうふさんは仰っています。

それが「プロフィール写真」!

マツコの知らない世界|おとうふさん直伝「マッチングアプリ必勝法」

最初に目に入る写真が”NG”だと、その下に続くプロフィール文章まで見てもらえないままブラウザバックされることがほとんど。

真剣に結婚相手を探している女性はプロフィール文章まで念入りにチェックする傾向がありますが、男性の場合は特に「写真」を重視するタイプが多いのだとか。

ここから、WEBメディア「PHOTOJOY」とおとうふさんがコラボしたインタビュー内容を元に「マッチングアプリのプロフィール写真・文章の作り方」を解説していきます。

(出典:おとうふさんが伝授!「本当」にモテるマッチングアプリの写真とは?

マツコの知らない世界|おとうふさん直伝のアプリ必勝方法①プロフィール写真

マツコの知らない世界|おとうふさん直伝「マッチングアプリ必勝法」おとうふさん

まずはマッチングアプリにおいて最も大切な要素・プロフィール写真について。

おとうふさん曰く、これは男女で気をつけるべき点が違うとのこと!

男性のプロフィール写真の場合:他撮写真で自然な笑顔を!

マツコの知らない世界|おとうふさん直伝「マッチングアプリ必勝法」

男性の場合は、とにかく自然でそこそこイケメンっぽい雰囲気を出すこと、そしてやりすぎないのが重要とのこと!

【OK】
・俯きがちにほほえむ笑顔
・ニカっとしたカメラ目線の満面の笑顔
・友人や他人に撮ってもらったもの
・背景がオシャレなもの・自然なもの
【NG】
・カメラ目線のキメ顔
・横顔
・盛りすぎな自撮り

・背景に生活感がありすぎるもの

かっこよく見せたい!という気持ちから、カメラ目線の自撮りをプロフィール写真に置いてしまう男性が多くいらっしゃいます。

しかし女性にとっての男性のキメ顔は、どうしてもナルシストっぽく見えてしまうようですよ。

そのため、友人や家族など他人に撮ってもらった自然な笑顔の写真を選びましょう。

また、女性は男性の顔の後ろの背景にも注目しています。

整理整頓されていないゴチャゴチャの部屋や、実家感が隠せていない背景は避けましょう。

ちなみに、おとうふさん曰く「横顔の男はロクな奴がいない」とのこと…。

女性のプロフィール写真の場合:あざとい系で攻めろ!

マツコの知らない世界|おとうふさん直伝「マッチングアプリ必勝法」

女性の場合は、男性と違ってあざとい感が強めの写真を選んでもOK!

結構意外ですが、普通の女子でもびっくりするくらいのポーズの写真の方が「いいね」が倍増するとのこと。

【OK】
・同性から見ても分かるような”あざといポーズ”
・そんなポーズする!?とびっくりするほどのものでOK
・スタイルの良さがアピールできるもの
・つまり”分かりやすい”写真
【NG】
・1枚目が盛れててもサブ写真がダメなもの
・流石にやりすぎはNG

女性が顔や背景など写真の全体的な雰囲気を見る一方で、男性の方は女性の「顔」を最も重視します。

そのため、女性は「自分が一番かわいいと思うもの」をプロフィール写真に選びましょう。

ただ、メイン写真とサブ写真にギャップがありすぎるものはNG!

メインがいいのにサブがナシだと「やっぱりないな〜」と思われてしまうとのこと。

あくまでもプロフィール全体の雰囲気は統一させるようにしましょう。

メイン写真とサブ写真はキャラを統一させる!

マツコの知らない世界|おとうふさん直伝「マッチングアプリ必勝法」

マッチングアプリにおけるプロフィール写真は、1枚だけではなく複数枚の写真を指定できますよね。

メイン写真には先ほどご紹介したポイントに注意したものを選ぶのですが、大事なのがサブ写真

自分がどんな男性、女性をターゲットにしているか?を意識して、サブ写真を選んでいくといいようですよ。

*例えば…

▶︎ハイスペックな自分をアピールしたいとき
→サブ写真にはインスタ映えする高級焼肉店での写真など

▶︎親近感ある自分をアピールしたいとき
→趣味を楽しんでいる自分の写真など

メイン写真・サブ写真・プロフィール文章に統一感がないと、「つまりこの人はどういう人だ…?」となってマッチングに繋がらないことが多い様子。

統一感があった方が、狙ったターゲットの異性に深く刺さるプロフィールが完成するとのこと!

また「PHOTOJOY」とのインタビューでは、おとうふさんさんは次のように語られていました。

マツコの知らない世界|おとうふさん直伝「マッチングアプリ必勝法」

キャラの見せ方ですね!

マッチングアプリは自分のどこの面を強調しても良くて、そこがアプリのいいところでもあるんですよね。

引用:https://photojoy.jp/magazine/matching-app/2602/#Q1

 

  • 「どんな異性と出会いたいのか?」
  • 「その異性の目に留まるためにはどんなプロフィールにした方がいいのか?」

 

画面の向こう側にいる異性の気持ちを考えて、魅力的なプロフィール写真を選んでいきましょう。

マツコの知らない世界|おとうふさん直伝のアプリ必勝方法②プロフィール文章

次にプロフィール文章の書き方について。

プロフィール文章には「他人から言われたエピソード」を!

マツコの知らない世界|おとうふさん直伝「マッチングアプリ必勝法」

結婚を意識した出会いを求めるのであれば、自分という商品を強く売り出していく必要がありますよね。

そこでおとうさんの必勝法が、自分の内面・人柄が分かるエピソードをプロフィール文に付け加えていくこと!

「優しい自分」をアピールしたいなら、友達や家族に言われた「優しい」エピソードを紹介していきましょう。

*例えば…

・「〜とよく言われます」「〜と呼ばれます」

・「〜並に〇〇です」(ex:忠犬並に一途です)

主観的な優しい自分を文章にしてしまうと、どうしてもどこかで盛ってしまいがち。

実際に会ったときに、相手が感じるギャップが大きくなってしまうとのこと。

そのためにも、「他人から見た自分のエピソード」をプロフィール文章に盛り込んでいくといいようですよ。

趣味には男女共にとっつきやすいものを!

マツコの知らない世界|おとうふさん直伝「マッチングアプリ必勝法」

そして最後に、プロフィール文章に書き込む「趣味」について。

これは「男女ともに楽しめる趣味」をひとつでも入れておいてあげるようにしましょう。

全部が全部取り繕う必要はないですが、何か一つでも「異性にもウケがいい趣味」が入っている方がとっつきやすいプロフィール文章になる、とのこと。

マツコの知らない世界|おとうふさん直伝「マッチングアプリ必勝法」

おとうふさんによると…

たとえばゴルフとか囲碁とか、女性が嗜まなさそうな趣味を書いてると、女性側からしたら食いつきづらいです。
逆に女性は趣味にヨガ、御朱印集め、お絵描きなどだと男性も一緒に楽しみにくいじゃないですか(笑)
「俺も御朱印集め好きです!」「私も囲碁めっちゃ好きです」みたいな人そうそういないですよね。

引用:https://photojoy.jp/magazine/matching-app/2600/

確かにごもっとも…!

「趣味はフットサル、バスケ、ランニングです!」という男性のプロフィールは、アクティブな女性以外にはあまり刺さらないのが分かるかと思います。

常に相手目線に立ったプロフィール文章を作る、ということが大切なんですね。

マツコの知らない世界|おとうふさん直伝のアプリ必勝方法③マッチングから出会うまで

マツコの知らない世界|おとうふさん直伝「マッチングアプリ必勝法」

最後に、おとうふさんが明かす「マッチングアプリの教訓〜男性との出会い版〜」をまとめてご紹介いたします。

男性、女性ともに必見ですよ!

※当記事ではWEBメディア「PHOTOJOY」さんとおとうふさんのインタビュー内容を元にまとめております。

おとうふさんへプロフィールの添削をお願いする場合はコチラ!

タイトルとURLをコピーしました