【自民党】二階幹事長の献金は違法?Goto強行突破の理由に関係はあるのか

二階幹事長 政治・国家・アナウンサー

「Go Toキャンペーン受託団体が二階幹事長らに4200万円献金」

2020年7月21日、週刊文春が上記のタイトルで記事を公開しました。

  • 特定の団体からの政治献金=賄賂?
  • Go To強行突破の理由は献金?

そこでこちらの記事では「【自民党】二階幹事長の献金は違法?Goto強行突破の理由に関係はあるのか」についてご紹介していきます。

【自民党】二階幹事長の献金は違法?ネット上の声

2020年7月22日からスタートする「Go Toトラベルキャンペーン」の政策に受託した「ツーリズム産業共同提案体」

こちらの団体が、

・自民党幹事長の二階俊博氏
・および自民党の議員37名

上記に対し、少なくとも約4200万円の献金を行っていたといいます。

週刊文春が公開したこちらの記事に対しては、ネット上で「癒着だ」「やっぱり金が動いていたか」などの批判の声が続出しました。

【自民党】二階幹事長の献金は違法ではない?

ただ、この二階幹事長の「献金」自体には違法性はないものと考えられます。

【自民党】二階幹事長の献金はGoto強行突破の理由に関係はあるのか?

新型コロナウイルスが再び感染爆発という危機的状況の中、謎に押し進めようとされれている「Gotoキャンペーン」。

こちらは二階幹事長の献金に関係してくるのでしょうか?

二階幹事長が献金を貰いたいが故に、この状況下で施策を強行突破しようとしているのでは?という声も。

つまり、献金のあった期間はコロナ騒動がおきる前の2018年まで。

文春の記事をよく見れば、二階幹事長の献金はGotoキャンペーンと関連性はないことが分かります。

収支報告書を入手できた2011年分から2018年分までの間で、該当する団体や業界からの献金が約4200万円に上ることが分かった。

引用:https://bunshun.jp/articles/-/39127

まとめると、

献金は違法ではなく合法である
二階幹事長の4200万円の献金はGotoキャンペーン施行の2年以上前からあったもの。
二階幹事長の献金はGotoキャンペーン強行突破と関係性はない

記事の内容だけ見ると、とんでもなく大きいスキャンダルのように思えますよね…

しかし記事内容をよく見ると、違法性がないことが分かるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました