【溜席の妖精】大相撲の正座の女性は何者?毎日来てる美女の正体は山根千佳?

2020年11月8日から始まった大相撲11月場所。

そこで毎日のように溜席にちょこんと座っているワンピース姿の女性が、SNS上で話題になっています。

その凛とした姿から、相撲ファンにより「溜席の妖精」と呼ばれるほど。

あのミステリアスな雰囲気のご令嬢は、一体何者なのでしょうか?

そこでコチラの記事では「【溜席の妖精】大相撲の正座の女性は何者?毎日来てる美女の正体は山根千佳?」についてご紹介していきます。

【溜席の妖精】大相撲の正座の女性とは?

【溜席の妖精】大相撲の正座の女性は何者出典:Wikipedia

2020年11月場所の大相撲をNHKで見ていると、

  • 毎日、
  • 同じ場所で、
  • 同じ姿勢で、
  • お召し物だけはいつも違う

という上品なある1人の女性の姿が。

「溜席の妖精」の画像がコチラ

それがコチラです。

大相撲11月場所の溜席で正座してる女性

正面から見ても分かる、姿勢の美しさ。

裾の長いロングのワンピースを纏い、傍らにはなんだか高そうなバックが…。

大相撲11月場所の溜席で正座してる女性

マスクをしていても分かる、圧倒的美人感。

そしてその時々によって変わるお洋服。

大相撲11月場所の溜席で正座してる女性

今日は白いフレアトップスで登場。

大相撲11月場所の溜席で正座してる女性

そして今日はピンクのワンピースの上からジャンスカのような上着?を羽織る正座の女性。

大相撲11月場所の溜席で正座してる女性

大相撲11月場所の溜席で正座してる女性

全身が白に包まれて、まるで本当に妖精のよう。
なんだか神秘的な雰囲気が漂っています。

そしてこちらが、真横から見た妖精の姿勢⬇︎

大相撲11月場所の溜席で正座してる女性

横から見てもやっぱり美しい背筋でしたね。

毎日いる正座の女性にざわつくネット民たち

このように、相撲が放送される夕方の時間帯になると「溜席の女性」がネット上で話題になっています。

たくましく鍛え上げれた力士の画に混ざって、1人相撲を観戦するお上品な女性の姿。

なんともミスマッチ感が激しいですが、そこもなんだか魅力的…。

この正座の女性は一体何者なのでしょう?

【溜席の妖精】大相撲に毎日来てる正座の女性の正体は?

大相撲11月場所の溜席で正座してる女性

「溜席の妖精」は誰なのか?

ネット上では様々な推測が交わされています。

女性の正体①山根千佳?

まず1人目が、山根千佳さんという相撲好きのタレントさんです。

【溜席の妖精】大相撲の正座の女性は何者

「あの正座の女性は誰?」という質問に対して、某サイトにて…

絶対山根千佳さんですね。
タレントさんで相撲ファンには有名ですよ。
めちゃくちゃ相撲詳しい方です。

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

という回答があります。

こちらの山根千佳さんという女性は、芸能事務所「ホリプロ」に所属するタレントさんです。

相撲の大ファンで、中日新聞の「ヤングアニマル大相撲コラム」の連載を担当しているほど。

自身の公式ブログでは、その日1日1日の相撲中継の様子を事細かく解説しています。

大相撲11月場所の溜席で正座してる女性出典:instagram

ただ、同じ日に「溜席の妖精」が纏っている洋服と山根千佳さんの洋服が一致していないのです。

2020年11月15日、20日の山根さんのインスタを覗いてみると…

【溜席の妖精】大相撲の正座の女性は何者

このようにミニスカートを履いているのです。

私たちが知る「溜席の妖精」がいつも着ているロング丈ワンピースとは似ても似つかないもの。

さらには、溜席の妖精は黒髪です。

大相撲11月場所の溜席で正座してる女性美しい・・・

髪色も服装も一致していないので、この正座の女性は山根千佳さんではないでしょう。

女性の正体②ともこ?

【溜席の妖精】大相撲の正座の女性は何者

他には「過去にも来ていた研ナオコの友人の”ともこ”という女優」では?という声も。

このともこさんという女性は、事務所「ケンズファミリー」所属の女優さんで、相撲ファンとして知られている芸能人のひとり。

確かに、ともこさんは以前両国へ相撲を見に行っていたことがあります。

⬇︎2019-09-23 公式ブログより

【溜席の妖精】大相撲の正座の女性は何者

大相撲九月場所 千秋楽

有り難いことに今場所(‘▽’* )も砂かぶりで観戦させていただきました!
応援していた御嶽海関の優勝!
貴景勝関との優勝決定戦を間近で観れて最高に興奮いたしました!

出典:https://ameblo.jp/kabachandayo

しかし、ともこさんは2020年11月現在、腸閉塞が原因で病院へ入院されているのです。

そのためともこさんである確率はほぼゼロでしょう。

女性の正体③相撲協会の関係者・婚約者

さらには「協会の関係者」「力士の誰かの婚約者」という声がありました。

しかし明確な情報は見当たらず、結局は誰なのか分からずじまい…。

11月場所が終わってもなお注目されている「溜席の妖精」なので、次の1月場所でももしかすると観戦に来られるかも…!?

新情報が分かり次第記事を更新します!

女性の正体④幽霊説まで浮上

数時間ずっと正座で背筋を伸ばしている綺麗すぎる姿勢に、マスク姿という年齢・素性すべて謎に包まれた女性。

そのミステリアスな存在感から、海外では「幽霊説」まで浮上しているよう。

大相撲11月場所の溜席で正座してる女性出典:Twitter

相撲ファンは現在、この神秘的で幽霊のような女性に夢中になっており、11月のトーナメントの毎日まったく同じ席で完璧な正座の姿勢で座っており、毎日新しい豪華な衣装を着ています。
何時間も、彼女はほとんど動かない。
私は彼女が大好きです笑

ある意味相撲以上に注目を集めているこちらの女性。

マスクひとつでここまで魅力に惹きつけられるとは…!

女性の正体⑤芸能人ではない?

そもそも「毎日相撲観戦に来ている」という時点で、不規則なスケジュールで仕事をこなす芸能人である可能性はまず低そうですね。

さらにはこのコロナ渦。

女性の正体が芸能人だと分かれば、嗅ぎつけたマスコミによって

「観戦拡大広がる中○○が相撲観戦に!」

などというタイトルの記事が出回っていもおかしくありません。

それがないということは、一般人女性なのでしょう。

2020年の11月場所が終わったことでその妖精の正体を知る術はなくなってしまい、少し寂しい気持ちですね…。

「ただの熱心な相撲ファン」という事実だけは間違いないでしょう。

【溜席の妖精】大相撲に毎日来てる正座の女性は今後どうなる?

【溜席の妖精】大相撲の正座の女性は何者

希望だと、次の1月場所でもあの正座の女性が見たい。

個人的には、その希望は叶うと思います!

なぜなら過去に何十年と続く相撲中継の中でも、ここまで”ある1人の観客”が相撲そっちのけで話題になったことはなかったからです。

つまり正座の女性は、

 

・2020年11月付近で相撲愛に目覚めた
・元から相撲は好きで、コロナで人が少ない今を狙った

などの理由で11月場所を見に来ていたはずです。

前者にしろ後者にしろ、11月場所をあれだけ熱心に毎日見に来ていたのなら、1月場所にもきっとその姿を見せてくれるに違いありません。

再び溜席の妖精が見れる日が来ることを楽しみに、次の相撲中継を待ちましょう!

以上「大相撲11月場所の溜席で正座してる女性は誰?「溜席の妖精」の正体とは!」についてご紹介いたしました。

生活・スポーツ
気ままゆおログ
タイトルとURLをコピーしました